野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島は緒方監督不在も今季初9連勝、ヤクルトは泥沼7連敗…22日のセ・リーグは?

広島は緒方監督不在も今季初9連勝、ヤクルトは泥沼7連敗…22日のセ・リーグは?

セ・リーグは22日、3試合が行われ、広島、阪神、DeNAがそれぞれ勝利した。首位の広島は今季初の9連勝を飾った。

広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】
広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】

広島大瀬良はわずか91球で1失点完投、阪神は3連敗の後に2連勝

 セ・リーグは22日、3試合が行われ、広島、阪神、DeNAがそれぞれ勝利した。首位の広島は今季初の9連勝を飾った。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 広島は本拠地で中日に3-1で勝利。先発の大瀬良が6回1死までパーフェクトに抑えるなど、9回わずか91球、3安打1失点と今季3度目の完投で4勝目(2敗)をマーク。打線は相手失策で先制すると、女房役の會澤が5回に2ランを放った。緒方監督の父・義雄さんが死去したため、この日は高信二ヘッドコーチが監督代行を務めたが、連勝を伸ばして貯金8とした。

 阪神は本拠地でヤクルト戦に3-2で勝利した。岩田が6回1失点とゲームを作り、2番手・藤川が7回を無失点に抑えると、その裏に糸井がセンターへタイムリー。さらに、大山の左前打をバレンティンがファンブルし、糸井が生還して追加点を挙げた。8回はジョンソンが抑えると、9回はドリスが1失点も逃げ切り、3連敗の後に2連勝を飾った。ヤクルトは青木が通算1500安打を達成。青木は9回にも1点差に迫るタイムリーを放ったが及ばず。相手より多い10安打を放ちながら2点しか奪えず、泥沼の7連敗となった。

 DeNAは敵地で巨人に5-1で勝利した。初回にソトの13号2ランで先制すると、1点差となった4回は伊藤光がタイムリー。7回に宮崎、9回に桑原とソロ2発で突き放した。先発の東は2回にゲレーロにソロ弾を浴びるも、5回1/3を投げてこの失点のみに抑え2勝目(1敗)。救援陣も三嶋、エスコバー、パットン、山崎と無失点でつないだ。巨人は高橋が4回3失点で2敗目(3勝)。打線もゲレーロのソロによる1点しか奪えなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」