野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「史上最高の退場」? 激怒の監督に退場を宣告する球審の“優雅な動き”が話題

「史上最高の退場」? 激怒の監督に退場を宣告する球審の“優雅な動き”が話題

ナショナルズのデーブ・マルティネス監督が23日(日本時間24日)の敵地メッツ戦で退場処分となった。スイング判定に抗議し、怒りを爆発させる姿が大きな話題となったが、マルティネス監督に退場を宣告した球審の“アクション”にもファンは大喜び。ツイッターで映像が公開されると、「史上最高の退場」などとコメントがついた。

退場処分を受けたナショナルズのデーブ・マルティネス監督(右)【写真:AP】
退場処分を受けたナショナルズのデーブ・マルティネス監督(右)【写真:AP】

ナショナルズのマルティネス監督が退場処分も…宣告した球審のアクションが話題に

■メッツ 6-4 ナショナルズ(日本時間24日・ニューヨーク)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ナショナルズのデーブ・マルティネス監督が23日(日本時間24日)の敵地メッツ戦で退場処分となった。スイング判定に抗議し、怒りを爆発させる姿が大きな話題となったが、マルティネス監督に退場を宣告した球審の“アクション”にもファンは大喜び。ツイッターで映像が公開されると、「史上最高の退場」などとコメントがついた。

“事件”が起きたのは8回だ。ナショナルズの先頭打者ケンドリックがカウント2-2から空振り三振に倒れた。ケンドリックはバットを途中で止めていたが、ブルース・ドレックマン球審はスイングと判定。ケンドリックはすぐに抗議した。一塁塁審への確認を求める仕草を見せたものの、ジャッジは変わらず。ダグアウトに戻るケンドリックが捨て台詞で暴言を吐いたのか、退場となった。

 すると、ベンチからマルティネス監督がダッシュで登場。猛抗議を行った。こちらも一塁塁審への確認を求めるような仕草を見せたが、ドレックマン球審は応じず。すると、両手をポンと叩き、勢いをつけるようにしてから退場を宣告した。マルティネス監督は怒りが収まらず、その後もホームプレート付近で暴れまわった。

 試合を中継していたニューヨークの地元テレビ局「SNY」は、この瞬間の動画を公開。注目が集まったのは、ドレックマン球審の退場を告げる“優雅”な動きだ。コメント欄にもファンからのコメントが多くついた。

「審判が手を叩いて、そこから退場させるのがいいね」

「野球の試合で僕が好きな部分…」

「クビになるのを知っているかのような人に見えるね」

「オールドスクール!」

「シーズン中に唯一彼がまともにできていたことは、退場になることくらいだよ」

「この男は自身のチームに気合を入れようとしているんだ」

「(爆笑)その審判が手を叩いて、その後、退場させるGIFが僕には必要だ」

「気に入ったよ!史上最高の退場(笑)」

 この試合に4-6で敗れたナショナルズは、ここまで19勝31敗の借金12と低迷。昨年からチームを率いたが、1年目は2位に終わり地区3連覇とプレーオフ進出を逃すと、今季は再建中のマーリンズと全く同じ勝敗で最下位に沈んでいる。それだけに、ナショナルズファンからのマルティネス監督への風当たりも強い。マーリンズと負けの数がほぼ同じある図を紹介したファンからの「僕でも怒ってるさ。レッツゴーーー」というコメントもあった。現カブス監督の名将ジョー・マドン氏を長い間ベンチコーチとして支えた指揮官は、再びナショナルズを押し上げることはできるだろうか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」