野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元燕助っ人ハドラー氏が今も抱く、野村克也監督への思い「彼はあまりに偉大」

1993年にヤクルトでプレーし、わずか1年間ながら個性を発揮して日本のファンに強い印象を与えたレックス・ハドラー氏が、Full-Countの単独インタビューに応じた。1978年にヤンキースからドラフト1巡目で指名され、1984年にメジャーデビュー。4球団で8年間プレーした後、1993年に来日した。その後、エンゼルスとフィリーズで5年間プレー。現在はロイヤルズのラジオ中継解説者として活躍中で、17~19日(日本時間18~20日)のエンゼルス戦のため、敵地エンゼルスタジアムを訪れた。

1993年にヤクルトで活躍していたレックス・ハドラー氏(右)と野村沙知代さんの孫・沙亜也さん【写真:盆子原浩二】
1993年にヤクルトで活躍していたレックス・ハドラー氏(右)と野村沙知代さんの孫・沙亜也さん【写真:盆子原浩二】

今も抱く野村監督への感謝の思い「野球は考えるスポーツだと教えてくれた」

――日本で学んだことは?

「自律心を学んだよ。僕はそれまで自分が走れると思ったらとにかく走るような、ワイルドな選手だった。危険な選手だったんだ。キャッチャーをぶっ飛ばしたりね。あとは、シュートの打ち方や、スプリットの打ち方も学んだ。それから美しい人々の文化を学んだよ。野球を愛する素晴らしい人々の文化を。彼らには笑顔をたくさんもらった。異文化での生活、自分を律する心、変化球の打ち方は、僕を成功に導いてくれた3つの鍵だった」

――監督は?

「カツヤ・ノムラ(野村克也)! 僕は彼のことが大好きだった! 彼は僕のことはあまり好きじゃなかったけど、僕は好きだったんだ(笑)。野球は考えるスポーツだと教えてくれた。だから僕が苦労しているんだともね。彼は細かいことによく気づいてくれて、そこも素晴らしかったし、何か気づいたことがあればどんどん伝えて教えてくれた。『スイングが大きすぎる。もっとコンパクトに』と言われたこともあった。何か言ってくれる度に僕は『アリガトウ』と言ってプレーに取り入れた。彼を尊敬しているよ。ハウエルは少しトラブルがあったようだけどね(笑)。僕は彼を尊敬していた。彼を笑わせるのも好きだった。広島カープの応援歌を僕も一緒になって歌ってるのを彼が見ててくれたことがあって、『あっ、笑ってる!』って嬉しくなったよ(笑)。とにかくチームのみんなと楽しみたかったんだ。

 日本での日々は僕を成長させてくれた。僕が家族みんなを連れて日本に移り住んで、バントしたり走ったりしてしっかり守備をするようなチームを監督として作り上げられたら、すごく幸せだろうね。ノムラさんがやったことだ。でも彼はあまりにも偉大だし、僕にはできないだろうけどね」

――野村さんのお孫さん(エンゼルス職員の沙亜也さん)に先ほど会った?

「素晴らしかったよ! ハグしたかったけど、さすがにやめておいたよ(笑)。やっぱり少し面影があって、彼の記憶を蘇らせてくれた。彼の写真も見せてもらって、とても嬉しかったよ」

――ハドラーさんの写真を(野村監督に)送るといっていたが?

「それは嬉しいね。彼女には、ノムラ監督に、とても感謝していると伝えておいてくれと言っておいた。僕を野球選手として成長させてくれてありがとうと。彼とチャンピオンにもなれたしね。アメリカではチャンピオンになれなかった。だからいっそう嬉しかったね。一緒に東京音頭も聴けたしね(笑)」

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」