野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武今井、6回までノーノーも7回に崩れ5敗目 「最悪のケースになってしまった」

西武の今井達也投手が28日の楽天戦(盛岡)に先発し、7回途中5失点(自責4)で降板し、5敗目を喫した。

楽天戦に先発した西武・今井達也【画像:(C)PLM】
楽天戦に先発した西武・今井達也【画像:(C)PLM】

6回まで無安打ピッチングも7回にブラッシュに3ランを浴び逆転を許す

■楽天 7-2 西武(28日・盛岡)

【動画】メジャーも注目? パを代表する強打者“超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える爽快特大弾

 西武の今井達也投手が28日の楽天戦(盛岡)に先発し、7回途中5失点(自責4)で降板し、5敗目を喫した。

 中9日で先発した今井は、初回に茂木、浅村に四球を与えたが後続を断って勢いに乗った。6回まで楽天打線にヒットを1本も許さない完璧な投球を披露し、ノーヒットノーランもちらついたが「森さんにも『回の先頭をアウトにしよう』と言われていたし、あまり気にならなかった」と淡々と振り返った。

 しかし、2点リードで迎えた7回に先頭の浅村にセンター前ヒットを許し、突如崩れた。続くウィーラーに左二塁打を浴びピンチを招くと、1死二、三塁で迎えたブラッシュに2ボール1ストライクから投じた高め直球を左中間スタンドに運ばれ逆転を許した。

 痛恨の一発を浴びた今井は「外まっすぐを投げるつもりだった。ランナーがいて、最悪のケースになってしまった。森さんのサイン通りに投げられなかった」と唇を噛んだ。逆転本塁打を許した後も島内に死球を与えるなど踏ん張れず、走者を残して交代となった。小野投手コーチは「ホームランのあと(アウトを)取らないと。せっかくあんなにいい投球をしていたし、もう一つ壁を乗り越えないと」と注文をつけた。

 この日、初めてカード頭での先発を任された3年目右腕は「カード頭で投げるとはこういうこと。1球で勝負が決まる。悔しいです」と珍しく感情をあらわにしたが、「まだまだ長いシーズン。同じミスを繰り返さないようにしたい」と前を向いていた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」