野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武外崎、地元青森で初打点「ホッとしています」

西武の外崎修汰内野手が29日の楽天戦(弘前)で3回に犠牲フライを放ち、地元で嬉しい打点をあげた。

故郷・弘前で行われた楽天戦で3回に中犠飛

楽天 – 西武(29日・弘前)

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の外崎修汰内野手が29日の楽天戦(弘前)で3回に犠牲フライを放ち、地元で嬉しい打点をあげた。

 この日は「3番・セカンド」で先発出場した青森県弘前市出身の外崎。試合には親族らを招待しており、打席に入ると両軍スタンドから割れんばかりの歓声で迎えられた。第1打席は楽天の先発・古川の前にセカンドゴロに倒れた外崎だが、3回1死二、三塁で迎えた第2打席でセンターに犠牲フライを放った。この回は青森県・八戸大学出身の秋山の先制タイムリーと弘前市出身の外崎の犠飛で西武が2点を先制し、スタンドを大いに沸かせた。

 外崎は「打ったのはまっすぐです。まずは地元の皆さんの前で打点をあげることができてホッとしています」と胸をなでおろし、「あの打球でかえってきてくれた金子侑さんにも感謝です」と浅いフライで三塁から生還した金子侑の俊足に感謝していた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」