野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 球場にネットを…打球が少女直撃したアルモラJr.の同僚「大事なことは安全」

球場にネットを…打球が少女直撃したアルモラJr.の同僚「大事なことは安全」

29日(日本時間30日)のヒューストンでのアストロズ-カブスの一戦で、カブスのアルバート・アルモラJr.外野手の痛烈なファウルボールが観戦していた少女に直撃するというアクシデントがあった。アルモラJr.はその場で涙を流し、試合は一時中断。試合後には、米メディアに「言葉が出ない」と沈痛な面持ちで心境を明かした。

ファウルがファンに直撃し、涙するカブスのアルモラJr.(右)とヘイワード【写真:Getty Images】
ファウルがファンに直撃し、涙するカブスのアルモラJr.(右)とヘイワード【写真:Getty Images】

アルモラJr.の強烈ファウルが少女に直撃 ヘイワード「ネットが助けになる。それ以外に防ぐ方法は見当たらない」

■カブス 2-1 アストロズ(日本時間30日・ヒューストン)

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 29日(日本時間30日)のヒューストンでのアストロズ-カブスの一戦で、カブスのアルバート・アルモラJr.外野手の痛烈なファウルボールが観戦していた少女に直撃するというアクシデントがあった。アルモラJr.はその場で涙を流し、試合は一時中断。試合後には、米メディアに「言葉が出ない」と沈痛な面持ちで心境を明かした。

 アクシデントはカブスの2点リードで迎えた4回。無死一、二塁で打席に立ったアルモラJr.がマイリーから三塁方向への痛烈なライナーを放つと、打球はスタンドへ。AP通信によると、打球は試合を観戦していた少女に直撃。少女は一緒に試合を観ていたと思われる男性に抱きかかえられ、病院に搬送されたとされている。

 アルモラJr.はその場で座り込んで涙。同僚のヘイワードとマドン監督に慰められ、呆然としていた二塁走者のバエスもアルモラJr.に歩み寄って声をかけた。動揺を隠せず、直後のボールを振って空振り三振。そのままフル出場し、試合はカブスが2-1で勝利したが、終了後もショックを隠せない様子だった。

 AP通信はアマモラJr.の同僚、マドン監督やヘイワードの声を伝えた。マドン監督は「彼に理解してほしいことは、これは(人の力で)どうこうできる問題ではないということ。(アルモラJr.は)どうか自分自身を責めないでほしい。もちろん、これはおぞましい瞬間だ。しかし、これは不可抗力。それを理解する必要がある」と話し、ヘイワードは「感情をさらけ出してくれて何より」とした上で、球場の安全性を強く求めたという。

「とにかく大事なことは、安全であるということ。(飛んでくる打球含め)ボールに反応するのがどれほど難しいことか、皆わかっていない。それ(ネット)が助けになることだろうね。僕は球場の警備員ではないけど、それ以外にこの事態を防ぐ方法が見当たらないんだ」

 ヤンキースタジアムでは2017年5月にヤンキースのクリス・カーター(現オリオールズ)の折れたバットの一部が子供に当たり、同年7月にはジャッジの105マイル(約168.9キロ)のファウルがファンに直撃している。まずは少女の無事を祈るばかりだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」