野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

栃木→ドジャース 元DeNA北方悠誠の米球界移籍が独立リーグにもたらすもの

米大リーグ・ドジャースとマイナー契約を結んだ栃木ゴールデンブレーブスの160キロ超右腕、北方悠誠投手が30日、栃木・小山市内の栃木県民球団県南事務局で入団会見を行った。北方の隣で、微笑むように右腕を見つめていたのは昨年まで巨人でプレーしていた寺内崇幸監督だった。

左から栃木ゴールデンブレーブス・寺内崇幸監督、北方悠誠、ドジャース日本担当顧問・鈴木陽吾氏、栃木県民球団代表の薮下和弘氏【写真:編集部】
左から栃木ゴールデンブレーブス・寺内崇幸監督、北方悠誠、ドジャース日本担当顧問・鈴木陽吾氏、栃木県民球団代表の薮下和弘氏【写真:編集部】

元巨人・寺内栃木GB監督が抱く期待、北方の活躍と独立リーグの未来

 米大リーグ・ドジャースとマイナー契約を結んだ栃木ゴールデンブレーブスの160キロ超右腕、北方悠誠投手が30日、栃木・小山市内の栃木県民球団県南事務局で入団会見を行った。北方の隣で、微笑むように右腕を見つめていたのは昨年まで巨人でプレーしていた寺内崇幸監督だった。

【動画】プレーヤー必見! 遠投やランニング…MLBの“鬼才”バウアーが明かす独自の練習法

 記者会見に同席した寺内監督は「北方投手をドジャースに送り出せるということでワクワクしています。楽しいこと、苦しいこと…あると思いますが、自分が思ったことを素直に表現し、かんばってほしい」とエールを送った。

 4月のシーズン開幕後から、どんどん上がっていく北方の球速表示が気になっていた。「実際、この数か月、僕自身も一ファンとして見るような感じでした」とその速球に魅了された一人だった。

 監督と選手。立場は違うが、同じ栃木1年目。寺内監督は3月のオープン戦の前から、投球内容がよくなっている北方を見て、手応えと同時に複雑な思いを持っていた。戦力として大きな期待。それともう一つ、“上のレベル”へ、移籍してしまうのではないかという不安だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」