野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ、鈴木サヨナラ打で劇的勝利 井口監督「頼れる大地」、ブランドンも絶賛

ロッテが1日の西武戦(ZOZOマリン)で劇的なサヨナラ勝利を収めた。7-7の同点で迎えた10回2死一、二塁から鈴木が平井のフォークを捉え、左中間に運ぶサヨナラタイムリーヒットで4時間超えの熱戦に終止符を打った。

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

4時間超えの熱戦を制す、ブランドンに「流れをこっちに持ってきてくれた」

■ロッテ 8-7 西武(1日・ZOZOマリン)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ロッテが1日の西武戦(ZOZOマリン)で劇的なサヨナラ勝利を収めた。7-7の同点で迎えた10回2死一、二塁から鈴木が平井のフォークを捉え、左中間に運ぶサヨナラタイムリーヒットで4時間超えの熱戦に終止符を打った。

 井口監督は「全員で繋いで、諦めなかった。逆転されたけど、すぐに同点に追いついてくれた」と粘りを見せた打線を労い、「頼れる大地にみんなが繋いでくれて、全員で勝つことができた」と全員野球でもぎとった一勝を噛みしめた。

 先発のボルシンガーが3回途中で降板したが、2番手のブランドンが3回1/3を6奪三振の好投で西武打線を封じる好リリーフで試合を立て直した。連敗を4で止め、指揮官も「(西武打線を)しっかり止めて、三振で流れをこっちに持ってきてくれた。いい投球をしてくれた」とブランドンの働きを絶賛していた。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」