大谷翔平、第5打席、チャレンジで内野安打が一ゴロに覆る ここまで4打数無安打

マリナーズ戦に「3番・DH」で出場しているエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
マリナーズ戦に「3番・DH」で出場しているエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

3打席凡退から第4打席はフルカウントから四球を選ぶ

■マリナーズ – エンゼルス(日本時間2日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手が2日(日本時間3日)、敵地・マリナーズ戦に「3番・DH」で2試合連続スタメン出場。第5打席は一ゴロに倒れた。

 3点リードで迎えた9回の第5打席は右腕と対戦。2ストライクからの3球目を叩いた打球は一塁へのゴロ。快足を飛ばしベースカバーに入った投手と競争となりセーフとなったが、チャレンジによりアウトの判定に覆り一ゴロとなった。

 初回の第1打席は一度もバットを振らず見逃し三振、3回の第2打席は左飛、5回の第3打席は無死一、二塁の好機で空振り三振、7回の第4打席は四球を選んだ。

 大谷は5月31日(同1日)の同戦で4打数2安打2打点と活躍。6回の第3打席で左翼への3号本塁打を叩き込むと、8回には左前適時打を放ち今季6度目のマルチをマークしていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY