ロッテ江村、9年目捕手のプロ初HRは豪快満弾 ダイヤモンド一周は「ふわふわ」!?

ロッテ・江村直也【写真:荒川祐史】
ロッテ・江村直也【写真:荒川祐史】

自身の一発より嬉しかった先発・石川の白星「僕はやっぱり守り」

■ロッテ 8-1 西武(2日・ZOZOマリン)

 ロッテの江村直也捕手が2日の西武戦(ZOZOマリン)でプロ9年目で初本塁打となるグランドスラムを放った。

 正捕手の田村が負傷離脱し、出場機会を増やしている江村。試合前の時点で打率.050と振るわなかったが、この日は1点リードで迎えた4回2死満塁で打席に入ると、西武先発・松本航のストレートを強振し、左翼スタンドに豪快に運ぶグランドスラムを放った。打った瞬間にそれと分かる弾道に、一塁ベース付近でガッツポーズ。ダイヤモンドを一周しながら「ふわふわしていた」と笑った。

 プロ9年目で初の本塁打がチームの勝利を決定づける満塁弾になり、ベンチに戻るとサイレントトリートメントで祝福された。高校生以来という満塁ホームランは「思い切って振りにいった結果です」と満足そうに振り返った。

 自身の一発よりも、先発・石川についた白星を喜んだ。「僕はやっぱり守り。守らないと試合に出られない。キャッチャーとして守りで貢献できるようにしたい」と、正捕手不在のチームの中で存在感をアピールした。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

RECOMMEND

CATEGORY