野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天が天王山3連勝、ハム6連勝で2位浮上、鷹は3位転落…2日のパ・リーグは?

パ・リーグは2日、3試合が行われ、楽天、日本ハム、ロッテが勝利した。楽天との首位攻防戦で3連敗を喫したソフトバンクは3位に転落した。

ロッテ・江村直也【写真:荒川祐史】
ロッテ・江村直也【写真:荒川祐史】

オリックスは引き分け挟み4連敗、ロッテは江村の満塁弾などで快勝

 パ・リーグは2日、3試合が行われ、楽天、日本ハム、ロッテが勝利した。楽天との首位攻防戦で3連敗を喫したソフトバンクは3位に転落した。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 楽天はソフトバンクに4-1で勝利し、敵地での重要な首位攻防戦で3連勝。茂木の先頭打者弾で先制すると、2回には堀内の2点タイムリーで追加点を奪取。9回に浅村の犠飛で貴重な4点目をもぎ取った。投手陣は先発の美馬が7回途中3安打1失点と好投して4勝目(3敗)。救援陣も無失点でつないだ。ソフトバンクは打線が4安打1得点に終わり、本拠地でまさかの3連敗。首位で天王山に臨んだが、日本ハムにも抜かれて3位に転落した。

 日本ハムは敵地オリックス戦に8-5で勝利。引き分けを挟み6連勝を飾った。2点を追う3回に大田が2試合連発となる10号2ランを放ち、同点に追いつくと、4回には中田の12号満塁弾が飛び出し、勝ち越しに成功。8回に清宮の右犠飛、平沼の右前タイムリーで2点を加えた。投げては先発の上原が6回5安打2失点の好投で今季初勝利。オリックスは先発のK-鈴木が3回2/3を6安打6失点(自責2)で今季3敗目を喫し、引き分けを挟み4連敗となった。

 ロッテは本拠地で西武に8-1で快勝し、カード勝ち越し。3回に荻野のソロ弾で先制すると、4回には江村のプロ初本塁打となる満塁弾などで5点を奪取。5回には井上の10号2ランも飛び出した。投げては先発・石川が7回1失点の快投で3勝目を挙げた。西武はドラ1松本航が5回8失点でKOされプロ初黒星。7回には山川が23号ソロを放ったが、反撃はこの1点のみに終わった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」