野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「10年連続負け越しはイヤですよね?」 交流戦へ、パTVが異例の“挑発動画”公開

プロ野球は4日に交流戦が開幕する。過去14年間の勝ち越しはパ・リーグが13回と圧倒。2010年から9年連続で勝ち越しを続けている。パ・リーグTVは「セのファンの皆様にお伝えしたいことがあります」とのタイトルで映像を公開。「さすがに『10年連続負け越し』はイヤですよね?」などと呼びかける“挑発動画”になっている。

西武・源田、ソフトバンク・甲斐、今宮、日本ハム・近藤(左から)【写真:荒川祐史】
西武・源田、ソフトバンク・甲斐、今宮、日本ハム・近藤(左から)【写真:荒川祐史】

4日に交流戦が開幕「セのファンの皆様にお伝えしたいことが…」

 プロ野球は4日に交流戦が開幕する。過去14年間の勝ち越しはパ・リーグが13回と圧倒。2010年から9年連続で勝ち越しを続けている。パ・リーグTVは「セのファンの皆様にお伝えしたいことがあります」とのタイトルで映像を公開。「さすがに『10年連続負け越し』はイヤですよね?」などと呼びかける“挑発動画”になっている。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

 動画は「今年もパ・リーグは強い」という文字が浮かび上がるところからスタート。さらに、「でも」「さすがに『10年連続負け越し』はイヤですよね?」と続け、「そこで」「セ・リーグが勝ち越すために」とパ・リーグのスター選手たちの好プレーをまとめた映像がスタートする。

「究極と至高の遊撃手」の文字とともに、ソフトバンク今宮、西武源田の美技が登場。「想像の域を遥かに超えたバットコントロール」では、西武秋山、日本ハム近藤、楽天銀次、西武森の打撃がまとめられている。

 その他、「活きが良すぎる若手たち」や「セ界が認めた甲斐キャノン」の映像も。最後は「10年連続の負け越しを回避するためには…」「セ・リーグファンのみなさんがこれ以上悔しい思いをしないためには…」として「結論」「もう、パ・リーグのファンにもなってください」と呼びかける“遊び心”のある内容となっている。

 毎年熱い戦いが繰り広げられる交流戦。ペナントレースの行方にも大きな影響があるだけに、今年はどんな展開が待っているのの注目が集まる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」