野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークス工藤監督、2発猛打賞の1番・釜元を称賛「いい働きをしてくれた」

ソフトバンクはセ・パ交流戦の初戦となる中日戦(ヤフオクドーム)で逃げ切り勝ち。今季初登板のバンデンハークが白星を挙げ、チームは連敗を3で止めた。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

今季初登板初勝利のバンデンハークに「気持ちが出ていた」

■ソフトバンク 6-4 中日(交流戦・4日・ヤフオクドーム)

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ソフトバンク戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクはセ・パ交流戦の初戦となる中日戦(ヤフオクドーム)で逃げ切り勝ち。今季初登板のバンデンハークが白星を挙げ、チームは連敗を3で止めた。

 試合後の工藤公康監督は、先頭打者弾と中押し弾、バント安打と3安打2打点と活躍した釜元豪に賛辞を送った。「タイミングが外れても運ぶ力があるし、2本目は狙って配球を読んで打った一発。(バントヒットも)周りがよく見えていると思います。非常にいいセーフティでした。いい働きをしてくれています」と称賛した。

 腰の張りで出遅れていたバンデンハークは6回1死まで完全投球。味方の失策からリズムを崩して堂上に満塁弾を浴びたが、5回1/3で3安打4失点。今季初登板初勝利を挙げた。工藤監督は「いい調整をしてくれたと思います。何よりも初登板で白星がつけられて良かったですね。気持ちが出ていたし、ボールの走りも良かった。(6回は)ああいうところで(エラーの川瀬晃を)フォローしてあげようと力が入ったのかな」と評価した。

 7回には甲斐拓也に代打を送り、8回からは捕手に高谷裕亮を起用したことに関して「(8回表までは)1点差だったので今日はベテランに任せました」と説明。最後は「最高のスタートが切れました。でも『日々、新たに』。今日はこれで終わり。また明日」と、勝っても気持ちを切り替えることが大事とした。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」