大谷翔平、3試合ぶり4号2ランに米メディア称賛の嵐 「あの逆方向へのパワー」

4号2ランを放った大谷翔平【写真:Getty Images】
4号2ランを放った大谷翔平【写真:Getty Images】

5日のアスレチックス戦で3試合ぶりの4号2ランを放った大谷に米メディアが称賛

■アスレチックス 4-2 エンゼルス(日本時間5日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が4日(日本時間5日)、本拠地のアスレチックス戦で「3番・指名打者」で2試合ぶりにスタメン出場。6回の第3打席で4号2ランを放つなど3打数2安打2打点の活躍を見せたがチームは2-4で敗れた。3試合ぶりの豪快な一発に米メディアも驚きの声を上げている。

 大谷が放った圧巻の一発を米メディアは次々に伝えた。3試合ぶりの一発は4点を追う6回無死一塁。先発右腕モンタスの初球、95.5マイル(約153.7キロ)のツーシームを捉え、バックスクリーン左へ4号2ランをかっ飛ばした。

 大谷の一発は5月31日のマリナーズ戦以来3試合15打席ぶり。打球速度は104マイル(約167.3キロ)、388フィート(約118.2メートル)、角度34度、最高到達点118フィート(約35.9メートル)だった。MLB公式ツイッターは「オオタニのあの逆方向へのパワー」と中堅左に飛び込む一発に驚愕。

 さらに「NBCスポーツ」のジェシカ・クレインシュミット氏は自身のツイッターで「オオタニ、強打の投手」と速報。「エンゼルスラジオ・AM830」のトレント・ラッシュ氏は「SHOTIME!!!! マイク・トラウトはモンタスとの対戦で13球目に死球を受けた。次の球をオオタニがホームラン!!」と、15打席ぶりの一発に歓喜の声を上げていた。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY