野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、豪快4号2ラン&7度目マルチに指揮官は復調の気配「戻りつつある」

大谷翔平、豪快4号2ラン&7度目マルチに指揮官は復調の気配「戻りつつある」

エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地のアスレチックス戦で「3番・指名打者」で2試合ぶりにスタメン出場。6回の第3打席で4号2ランを放つなど3打数2安打2打点の活躍を見せた。試合後、オースマス監督は「(昨年の状態に)戻りつつあると思う」と、大谷に復調の気配を感じ取っていた。

4号2ランを放った大谷翔平【写真:Getty Images】
4号2ランを放った大谷翔平【写真:Getty Images】

4号2ラン、7度目マルチにオースマス監督も称賛

■アスレチックス 4-2 エンゼルス(日本時間5日・アナハイム)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地のアスレチックス戦で「3番・指名打者」で2試合ぶりにスタメン出場。6回の第3打席で4号2ランを放つなど3打数2安打2打点の活躍を見せた。試合後、オースマス監督は「(昨年の状態に)戻りつつあると思う」と、大谷に復調の気配を感じ取っていた。

 3試合ぶりの一発が飛び出したのは4点を追う6回無死一塁で迎えた第3打席だった。アスレチックス先発のモンタスが投じた初球の95.5マイル(約154キロ)のツーシームを捉えた打球はバックスクリーン左へ飛び込む4号2ランとなった。

 この日は追撃の2ランを含む3打数2安打2打点の活躍を見せた大谷。今季7度目のマルチを記録した二刀流にオースマス監督は「(昨年の状態に)戻りつつあると思う。彼がホームランを放った時は、特にそのように見えるね」と称賛。

 右肘手術の影響もあり2年目の今季は満足にスプリングトレーニングをこなすことなく復帰を果たした大谷。指揮官は自身の現役時代を振り返り「個人的には、(自分が現役の時に)100打席打っても苦しんだこともあった。100打席が十分な数だとは私は考えていない。彼に数百打席与えていこうと思っている」と、今後も大谷に打席を与えていく考えを明かした。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」