野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大の“真ん中”への1球がボール…“疑惑判定”に批判やまず「とてつもなく酷い」

田中将大の“真ん中”への1球がボール…“疑惑判定”に批判やまず「とてつもなく酷い」

4日(日本時間5日)の敵地ブルージェイズ戦に先発し、6回6安打4失点で5敗目を喫したヤンキースの田中将大投手。この試合で、ほぼ真ん中へのストライクと見える1球をボールと判定される不運な場面があり、米国で波紋が広がっている。地元記者がツイッターでこの1球の映像を公開すると、以前から評判の良くなかったアンヘル・エルナンデス球審に対してファンからの批判が殺到した。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

ファンからは球審への批判が殺到「常に酷い仕事ぶり」「球界最低」

■ブルージェイズ 4-3 ヤンキース(日本時間5日・トロント)

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 4日(日本時間5日)の敵地ブルージェイズ戦に先発し、6回6安打4失点で5敗目を喫したヤンキースの田中将大投手。この試合で、ほぼ真ん中へのストライクと見える1球をボールと判定される不運な場面があり、米国で波紋が広がっている。地元記者がツイッターでこの1球の映像を公開すると、以前から評判の良くなかったアンヘル・エルナンデス球審に対してファンからの批判が殺到した。

 田中がほぼ完璧な投球を見せて迎えた5回だった。先頭グリチェックへの1ストライクからの2球目は90マイル(約145キロ)の直球。ほぼど真ん中に決まったが、まさかのボール判定。田中は首を傾げて苦笑いを浮かべ、女房役のサンチェスも球審を“二度見”するほどのボールだった。田中は直後に投じたスライダーを弾き返され、中越えソロとされると、1死二塁からはガルビスに逆転2ランを浴びて一挙4失点。結局、6回6安打4失点で5敗目を喫した。

 ヤンキースのポッドキャスト番組「Core4」を担当するマックス・ワイルドステイン記者は、この1球の映像を自身のツイッターで公開。「アンヘル・エルナンデスは、とにかく酷い。酷いぞ!」と判定をバッサリと斬った。すると、コメント欄はエルナンデス審判を痛烈に批判する声で溢れかえった。

「アンヘル・エルナンデスは球界最低の審判だ」
「早いとこ彼をクビにしてくれ。選手たちもファンも、こんな仕打ち受ける筋合いじゃないんだから」
「とてつもなく酷いコールだ」
「どうやったら彼は未だに審判をしていられるんだ」
「彼の何年もの間、下手だよ」
「アンヘル・ヘルナンデスのは常に酷い仕事ぶりだ。なぜ彼がまだ審判を続けられているのか、理解できない」

 田中にとっては不運な結果となった一戦。以前からヘルナンデス審判の判定に疑問を持っていたファンからは、次々と不満の声が上がっていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」