野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ岩下「疲れました…」 5回119球も3失点、野手と救援陣に感謝の2勝目

ロッテの岩下大輝投手が5日の阪神戦に先発登板。5回まで119球、6安打6四死球と苦しみながらも阪神打線を3失点に抑える粘投を見せ、自身5試合ぶりとなる今季2勝目を上げた。

ロッテ・岩下大輝【写真:荒川祐史】
ロッテ・岩下大輝【写真:荒川祐史】

3回以外は全て先頭打者を出すも…「野手の方とリリーフの方に頑張っていただいた勝利」

■ロッテ 5-4 阪神(交流戦・5日・ZOZOマリン)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ロッテの岩下大輝投手が5日の阪神戦に先発登板。5回まで119球、6安打6四死球と苦しみながらも阪神打線を3失点に抑える粘投を見せ、自身5試合ぶりとなる今季2勝目を上げた。

「疲れました……」と、ヒーローインタビューで語った岩下。3者凡退に終わった3回以外、全て先頭打者に出塁を許し、得点圏まで進められるという投球を「相当苦しんでましたね」と振り返った。

 苦しむ要因となったのが、自己ワーストを記録した6つの四死球。制球を乱した要因について「ファーストストライクを取るのに2、3球かかってしまったり、初球からどんどん来るバッターに対してもボールで入ってしまったりと、いろんなことが重なってしまった」と話した。

 自己最多の119球を要しながらも5回3失点。「(ピンチを)最少失点で(抑えたことが)こういう流れになったのだと思います」と、大量失点に繋げない粘りを見せ、4月17日のソフトバンク戦以来、5試合ぶりとなる今季2勝目につなげた。

 この5試合、好投を見せながらも勝利がつかないこともあったが「こういう自分が悪いときに、点を取ってくれたり、守ってくれたりということもある」と、改めて攻守でバックアップを見せた野手陣に感謝。お立ち台では「野手の方とリリーフの方に頑張っていただいた勝利だったので、これはまた嬉しいなと思います」と、選手全員でつかんだ1勝の喜びを実感していた。

 久々の勝利に「長かったです」と、しみじみ語った岩下。「(この勝利で)乗っていきたいですね。勝ちがつかないと多少不安になる気持ちもわかったので、この流れに乗ってもっと勝てるように頑張ります。次も勝ちまーす!」と、ファンに向かって次回からの連勝を約束していた。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」