野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、第2打席に打球速度180キロの“弾丸ヒット” 右前打で2戦連続安打

大谷翔平、第2打席に打球速度180キロの“弾丸ヒット” 右前打で2戦連続安打

エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・DH」で2試合連続スタメン出場。第2打席でヒットを放ち、4号2ランを含む今季7度目のマルチ安打を記録した4日の同戦から2試合連続安打とした。

本拠地でのアスレチックス戦の第二打席で右前安打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
本拠地でのアスレチックス戦の第二打席で右前安打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

カルフーンの一ゴロで生還、エンゼルスは一挙4得点で2点差に迫る

■エンゼルス – アスレチックス(日本時間6日・アナハイム)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・DH」で2試合連続スタメン出場。第2打席でヒットを放ち、4号2ランを含む今季7度目のマルチ安打を記録した4日の同戦から2試合連続安打とした。

 初回、ラステラの先頭打者弾で先制したエンゼルス。大谷は1死走者なしで「オープナー」の相手先発ソリアと対戦したが、空振り三振に倒れた。同じく「オープナー」を採用したエンゼルスは、2番手ペーニャが3回までに大量7失点であっさりと逆転を許す。

 しかし、3回裏にトラウトの15号2ランで4点差とする。続く大谷はメングデンの直球をとらえ、ライト前にライナーで運ぶヒット。2試合連続安打とした。MLB公式サイトの解析システム「スタットキャスト」によると、打球速度は112マイル(約180キロ)の痛烈すぎる一打だった。

 続くプホルスの左翼線への二塁打で大谷は三塁へ。続くカルフーンの一ゴロで生還した。エンゼルスはさらにフレッチャーがセンター前に適時打。プホルスが生還し、2点差に迫った。

 大谷は4日(同5日)のアスレチックス戦で、アスレチックス先発モンタスのツーシームをバックスクリーン左へ飛び込む4号2ランを放った。初回にも中前打をマークし、今季7度目のマルチ安打を記録。この試合の前まで23試合に出場し、92打数22安打の打率.239、4本塁打、16打点ながら、最近4試合で2本塁打と調子を上げている。

 2試合連続ホームランとなれば今季初。再び快音が響くか、大きな期待がかかる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」