野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷、自己最多4打点 逆転3ラン&押し出し四球で感情爆発、エ軍サヨナラ勝ち

大谷、自己最多4打点 逆転3ラン&押し出し四球で感情爆発、エ軍サヨナラ勝ち

エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・DH」で2試合連続スタメン出場。第3打席で今季初の2試合連続ホームランとなる値千金の逆転3ランを放つと、1点を追う8回にはトラウトが一、二塁で異例の申告敬遠をされた後、押し出し四球を選んで同点に。4打数2安打1四球でメジャー自己最多の4打点を活躍し、エンゼルスの9回サヨナラ勝利を呼び込んだ。2試合連続本塁打は今季初、マルチ安打は今季8度目となった。

本拠地アスレチックス戦で先発出場した大谷翔平【写真:Getty Images】
本拠地アスレチックス戦で先発出場した大谷翔平【写真:Getty Images】

2試合連続ホームランは今季初、トラウト異例の敬遠で満塁とされ押し出し四球も、エ軍サヨナラ勝利

■エンゼルス 10-9 アスレチックス(日本時間6日・アナハイム)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地アスレチックス戦に「3番・DH」で2試合連続スタメン出場。第3打席で今季初の2試合連続ホームランとなる値千金の逆転3ランを放つと、1点を追う8回にはトラウトが一、二塁で異例の申告敬遠をされた後、押し出し四球を選んで同点に。4打数2安打1四球でメジャー自己最多の4打点を活躍し、エンゼルスの9回サヨナラ勝利を呼び込んだ。2試合連続本塁打は今季初、マルチ安打は今季8度目となった。

 エンゼルスは初回にラステラが先頭打者弾を放つも、「オープナー」採用で2回から登板したペーニャが3回までに7失点。6点ビハインドとなった。しかし、3回にトラウトが2ランで反撃の狼煙。続く大谷はメングデンの直球をライト前に打球速度112マイル(約180キロ)で運ぶ痛烈なヒットで流れを作った。エンゼルスはプホルスやフレッチャーもヒットで続いてこの回一挙4点を奪い、2点差に迫った。

 そして、4回に大谷が試合をひっくり返す。1死一、二塁のチャンスでトラウトは凡退したものの、大谷がカウント1-1から右腕ペティットの直球を叩き、センターへ運ぶ豪快な逆転3ラン。エンゼルスは6点差をひっくり返し、本拠地は大熱狂に包まれた。打球速度104マイル(約167キロ)、飛距離は400フィート(約121.9メートル)の値千金弾。2試合連続ホームランは今季初となった。

 大谷は第4打席で空振り三振に倒れると、エンゼルスは8回に逆転を許す。その裏、2死一、二塁でトラウトを迎えると、アスレチックスはまさかの申告敬遠。一、二塁から満塁として大谷を打席に迎え、左腕バクターをマウンドに送った。異例の敬遠策となったが、集中力を研ぎ澄ませた大谷はフルカウントから押し出し四球を選んで同点。珍しく感情を爆発させ、雄叫びを上げてバットを投げ、一塁に向かった。続くプホルスは倒れ、逆転はならなかった。

 しかし、エンゼルスは9回に2死二塁からガーノーがサヨナラ打を放ち、劇的勝利。大谷の活躍もあり、連敗を2で止めた。大谷は打率.250。今季は5本塁打で20打点となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」