鷹が3連勝で首位に並ぶ グラシアルが3安打4打点 中日5連敗で今季ワースト借金9

初回、2ランを放ったソフトバンクのグラシアル【画像:(C)PLM】
初回、2ランを放ったソフトバンクのグラシアル【画像:(C)PLM】

ソフトバンク先発の大竹は8回4失点も3勝目

■ソフトバンク 6-4 中日(交流戦・6日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが3連勝を飾った。6日、本拠地ヤフオクドームで行われた中日戦。同点で迎えた8回にグラシアルが起死回生の勝ち越し2点適時打を放ち、接戦に終止符を打った。

 ソフトバンクは初回、グラシアルが2ランを放って先制。3回にはデスパイネがソロを放ってリードを広げた。その後、同点に追いつかれたものの、8回にグラシアルが値千金の2点適時打を放って勝ち越しに成功した。

 先発の大竹は8回を投げて4点を失ったものの、粘りの投球で3勝目をマーク。9回は森が締めて逃げ切った。

 中日は先発の山井が2本塁打を浴びたものの、5回3失点と粘りの投球を見せたが、リリーフ陣が踏ん張れず。6回に谷元が押し出し含む3つの四球で勝ち越しを許すと、再び同点に追いついた8回にはロドリゲスがグラシアルに勝ち越し打を浴びた。中日は5連敗で、今季ワーストの借金9となった。

【動画】頼れる助っ人グラシアルが初回に先制弾! 豪快アーチの後は“豪快アッパー”!?

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY