野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神、1軍復帰の福留が激走! 高山の右前適時打で先制のホームを踏む

阪神が敵地で貴重な先制点を奪った。11日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。4回に高山が右前適時打を放ち、二塁走者でこの日1軍復帰を果たしたばかりの福留が本塁へと激走し、先制のホームを踏んだ。

阪神・福留孝介【写真:荒川祐史】
阪神・福留孝介【写真:荒川祐史】

阪神は北條もスクイズを決めて4回に2点を先制

■ソフトバンク – 阪神(交流戦・11日・ヤフオクドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 阪神が敵地で貴重な先制点を奪った。11日、敵地ヤフオクドームでのソフトバンク戦。4回に高山が右前適時打を放ち、二塁走者でこの日1軍復帰を果たしたばかりの福留が本塁へと激走し、先制のホームを踏んだ。

 初回いきなり掴んだ1死満塁のピンチを逃していた阪神。4回先頭の福留が四球を選ぶと、続く梅野のバントはミランダが処理できずに内野安打に。一、二塁となると、1死から高山の打球は鋭いライナーで右前へと運ばれた。左ふくらはぎの筋挫傷で離脱し、この日復帰したばかりの福留は三塁を蹴り、一気に本塁へ。タッチをかわして、転がりながら本塁を陥れて先制点を奪った。

 さらに阪神は続く北條がスクイズを決めて2点目を奪った。3回までソフトバンク打線を無安打に封じている先発のメッセンジャーに2点の援護をプレゼントした。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」