野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ドラ1吉田輝の初白星を“死守”するセーブ 日ハム石川直「プロに入って一番緊張」

日本ハムの石川直也投手が12日、本拠地広島戦で2試合連続セーブを挙げた。

日本ハム・石川直也【写真:石川加奈子】
日本ハム・石川直也【写真:石川加奈子】

1死二塁のピンチも無失点、ブルペンでは「みんな嫌がっていました」!?

■日本ハム 2-1 広島(交流戦・12日・札幌ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの石川直也投手が12日、本拠地広島戦で2試合連続セーブを挙げた。

 プロ初登板初先発したドラフト1位ルーキー、吉田輝星投手の初勝利がかかった9回に登板。先頭の鈴木に右前打を許し、1死二塁のピンチ迎えたものの、1点のリードを何とか守り抜いた。「昨日も1点差でしたが、今日は輝星の初勝利がかかっていたので、プロに入って一番緊張しました」と汗をぬぐった。

 2-1で5回を終えて吉田輝が降板した後、ブルペンは重圧に包まれていた。「みんな嫌がっていました」と石川直は苦笑いしながら明かしたが、ルーキーの勝利を消せないという使命感が緊迫感あふれる無失点リレーにつながった。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」