野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ハム吉田輝デビュー効果、前日より観客1.2万人増 白星も自己採点「50~60点」

日本ハムのドラフト1位ルーキー、吉田輝星投手が12日、本拠地・広島戦で5回4安打1失点と好投し、デビュー戦を白星で飾った。

日本ハム・吉田輝星【写真:石川加奈子】
日本ハム・吉田輝星【写真:石川加奈子】

広島相手に5回4安打1失点と好投、84球中変化球はわずか17球と直球割合80%

■日本ハム 2-1 広島(交流戦・12日・札幌ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムのドラフト1位ルーキー、吉田輝星投手が12日、本拠地・広島戦で5回4安打1失点と好投し、デビュー戦を白星で飾った。

 昨夏の甲子園で金足農を準優勝に導いた力は本物だった。初回いきなり長野に右前打を許した後に2四球を与えて招いた1死満塁のピンチにも動じない。「初回のピンチはいつものことというか、いつも通りなので」と涼しい顔。5番の西川に対して「ストレートで押して打たれたらしょうがない」と直球勝負を挑み、最後は140キロ外角高めを振らせて3球三振に斬って取った。

 このボールで直球に自信を抱くと、伸びのある直球をどんどん投げ込んでいく。2回に田中広と長野の連続長短打で1点を失ったものの、その裏に勝ち越してもらうと、3回には「あそこが一番気持ちを入れて頑張りました」とギアを上げ、クリーンアップを3人で片付けた。

 84球中変化球はわずか17球と80%直球で広島打線に挑み、4三振を奪う衝撃のデビュー。最速は147キロだった。一番良かったボールには、5回の最後の打者、バティスタを右飛に打ち取る直前の145キロ直球を挙げた。「ど真ん中で危ないかなと思ったけれど、空振りでバットがボールの下を通った」と手応えを口にした。「抜けたボールは長野さんに打たれたけれど、指に掛かったボールで空振りやファウルを取れた。直球が通じたのは自信になりました」とうなずいた。

 イースタン・リーグでは、変化球でかわすことなく、直球に磨きをかけきた。9試合に登板して0勝3敗で防御率は4.15。直近の6月4日・巨人戦は3回6安打6失点と結果を残せなかったが、前日よりも1万2000人多い3万3563人の観衆を魅了する投球を披露した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」