野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス千賀が痛恨満塁被弾 工藤監督「大事なのは次」

両リーグ防御率1位同士のエース対決として注目された一戦は、意外にも5本の本塁打が飛び交う空中戦となった。ソフトバンクは14日のDeNA戦(ヤフオクドーム)で3本の本塁打を放ちながらも、満塁弾を含む2本塁打で接戦を落とした。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

打線は“あと一本”が出ず「勝ちきれるように頑張っていきます」

■DeNA 5-4 ソフトバンク(交流戦・14日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 両リーグ防御率1位同士のエース対決として注目された一戦は、意外にも5本の本塁打が飛び交う空中戦となった。ソフトバンクは14日のDeNA戦(ヤフオクドーム)で3本の本塁打を放ちながらも、満塁弾を含む2本塁打で接戦を落とした。

 同点で迎えた6回表。千賀は連打と死球で無死満塁とされると1死後にソトに満塁被弾。そこまで走者を出しながらも粘りの投球を見せていたが、最後に手痛い一発を浴びた。ソフトバンク打線も今永から3本の本塁打を放ち、その後もリリーフ陣を攻めて1点差まで迫ったが、結果的には1本の満塁本塁打の力を見せつけられる形となった。

 工藤公康監督は千賀について「前半飛ばしていたのが、中盤になって球威が落ちたところを打たれた感じですね。ピッチャーはいつも良いコンディションばかりではないのでね。大事なのは次(の登板)だと思います」と語った。また、終盤の追い上げについては「1点ずつ取って最後の最後まで追い詰めましたし、相手の抑えを出すところまでいきましたからね。ただ、そこで勝ちきれるように明日から頑張っていきます」と悔しさを押し殺すように話した。

 今季初めて左翼の守備に入り、2つの大きな飛球を処理したデスパイネについて「無難に捕れていた。この3つが終わればDHなしで戦わないといけないので、今日1日(守備で試合に)出て、脚の張りや身体の張りがどうなのかを見て考えたい」とした。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」