野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • ロッテが中日に大逆転サヨナラ勝ち 巨人、広島ら勝ち、2試合で引き分け…16日の交流戦は?

ロッテが中日に大逆転サヨナラ勝ち 巨人、広島ら勝ち、2試合で引き分け…16日の交流戦は?

日本生命セ・パ交流戦は16日、パ・リーグの本拠地で全6試合が行われ、ロッテ、巨人、西武、広島がそれぞれ勝利し、2試合が延長12回引き分けに終わった。

ロッテ・鈴木大地【写真:荒川祐史】
ロッテ・鈴木大地【写真:荒川祐史】

引き分けに終わったソフトバンクが交流戦首位に浮上

 日本生命セ・パ交流戦は16日、パ・リーグの本拠地で全6試合が行われ、ロッテ、巨人、西武、広島がそれぞれ勝利し、2試合が延長12回引き分けに終わった。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテは本拠地ZOZOマリンスタジアムで中日と対戦。一時は6点のビハインドを背負ったが、5点差で迎えた9回に怒涛の猛反撃を見せてサヨナラ勝ちした。先頭の鈴木がソロを放って反撃の狼煙をあげると、中村奨、藤岡の適時打で1点差に迫り、最後は2死満塁のチャンスでこの回2打席目に立った鈴木がバットを折りながらも右前へ運び、逆転サヨナラの2点適時打。中日は9回にマウンドに上がった田島、マルティネス、ロドリゲスの3投手が相次いで崩れて壮絶なサヨナラ負けを喫した。

 巨人は敵地・札幌ドームで交流戦首位タイに立っていた日本ハムに逆転勝ち。初回に先発の菅野が3点を先制されるも、2回に炭谷、亀井、坂本の3連打などで大量5得点を奪って逆転に成功した。菅野は2回以降、日本ハム打線を1安打に封じる好投を見せ、7回6安打3失点で7勝目。巨人は4カード連続勝ち越しで交流戦2位に浮上した。日本ハムは先発杉浦が4回途中6失点でノックアウト。打線も2回以降は菅野を捉えられなかった。

 西武は本拠地メットライフドームでヤクルトに快勝。初回に1点を先制されるも、3回に源田の適時打で追いつくと、4回には森の適時二塁打、メヒアの4号2ランなどで逆転に成功。5回には2本の犠飛などで、6回には秋山の12号3ランと3イニング連続で3点を奪って一気にリードを広げた。先発のドラフト1位ルーキー松本航は6回途中6安打2失点で2勝目。ヤクルトは初回、山田哲の先頭打者弾で先制。9回には村上が18号2ランを放ったものの、中盤に背負ったビハインドが重すぎた。

 広島は敵地・楽天生命パークでの楽天戦に4-2で逆転勝ちした。先発のジョンソンは初回、2回と1点ずつ失ってリードを奪われるも、6回にバティスタの適時二塁打で同点に。7回には西川の適時打で勝ち越しに成功した。ジョンソンは3回以降立ち直り、6回3安打2失点で6勝目。楽天は先発の岸が7回7安打3失点と奮闘したものの、打線が3回以降奮わなかった。

 ヤフオクドームで行われたソフトバンクとDeNAの試合は2-2の引き分けに。ソフトバンクは初回デスパイネの適時打で先制したものの、DeNAは4回に宮崎、6回に乙坂がソロ本塁打を放って逆転した。だが、ソフトバンクは8回に甲斐が7号ソロを放って試合を振り出しに戻し、試合は延長戦に突入した。延長12回、ソフトバンクは無死満塁の絶好機を作ったものの、松田宣、上林、高谷が相次いで凡退した。ドローに終わったソフトバンクだが、日本ハムが敗れたため、交流戦単独首位に再浮上した。

 京セラドームでのオリックスと阪神の一戦は5-5で、こちらも引き分けに。オリックスは4回、大城の適時打で先制すると、5回には吉田正、中川、大城の適時打などで4点を加えた。阪神は7回に3点を返すと、9回にはオリックスの守護神・増井の乱調に乗じてチャンスを作り、代打・福留の2点適時二塁打で同点に。試合を振り出しに戻した。延長戦ではお互いに決め手を欠き、オリックスは13安打で5得点、阪神は3安打で5得点という対照的な試合内容で引き分けとなった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」