野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ、追い上げ実らず2戦連続サヨナラならず 井口監督「あと1歩及ばなかった」

ロッテは17日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われた中日戦に4-5で敗れた。終盤に1点差まで追い上げて粘りを見せたものの、あと1歩及ばず、交流戦4カード連続負け越しとなった。

ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口資仁監督【写真:荒川祐史】

1点差の9回に無死二、三塁の絶好機を作るも、生かせず

■中日 5-4 ロッテ(交流戦・17日・ZOZOマリン)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテは17日、本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われた中日戦に4-5で敗れた。終盤に1点差まで追い上げて粘りを見せたものの、あと1歩及ばず、交流戦4カード連続負け越しとなった。

 中村奨の9号2ランで先制したものの、プロ初登板初先発・中村稔が4回に一挙4点を失い、6回途中5失点で降板。昨夜5点差を逆転した打線は7回、中日先発ロメロから岡と荻野の適時打で1点差まで追い上げた。

 9回も先頭の岡が左中間を破る二塁打を放つと、犠打野選と盗塁で無死二、三塁と絶好機を作る。だが、荻野が空振り三振、藤岡は遊ゴロ、そして昨夜のヒーローである鈴木も、マルティネスの内角150キロの直球に空振り三振。絶好機を生かせず連日のサヨナラ勝利とはならなかった。

「最後はあと一歩及ばなかった」と、試合後語った井口監督。これで交流戦4カード連続の負け越しとなったが「勝てる試合を取れていない。交流戦に入って、投手陣も踏ん張りきれなくなってきている」と、苦しい状況下だが、「また明日からしっかり戦っていきたい」と、広島、神宮と続く6連戦へ向け、気持ちを切り替えるしかなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」