野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • 「自分をHappyにするものの1つに…」DeNAが女性向けイベントを開催する狙い

「自分をHappyにするものの1つに…」DeNAが女性向けイベントを開催する狙い

5月31日から3日間、横浜スタジアムは普段にも増して明るさと華やかさに溢れていた。それというのも、女性ファン向けの恒例イベント「YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL 2019 Supported by ありあけ 横濱ハーバー」が開催されたからだ。

DeNAが女性向けイベントを開催した【写真:白井京子】
DeNAが女性向けイベントを開催した【写真:白井京子】

5月31日から3日間、大盛況に終わった「YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL 2019」

 5月31日から3日間、横浜スタジアムは普段にも増して明るさと華やかさに溢れていた。それというのも、女性ファン向けの恒例イベント「YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL 2019 Supported by ありあけ 横濱ハーバー」が開催されたからだ。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! DeNA戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 5年目を迎える今年は、イベントアンバサダーに楓さんと、SAYAKAさん(E-girls、Happiness)、川本璃さん(Happiness)が就任。3日間来場して女性ファンにスペシャルユニホームを手渡しするなど、大いにイベントを盛り上げた。また、2日目には大人気番組「チコちゃんに叱られる!」から筒香嘉智選手の大ファンでもあるチコちゃんがセレモニアルピッチに登場。3日目には試合後に手相占い芸人の島田秀平さんによる開運トークショーが行われた。

 女性ファンに定着しつつある人気イベントとあって、女性の来場比率は、昨年に続き今年も連日50%以上を記録。初日の5月31日には、5年目で初めて60%を超えた。「1年に一度開催している『YOKOHAMA STAR☆NIGHT』の姉妹イベントのような企画を実施できないかと始めたのがきっかけです。まだ肩を並べるまではいきませんが、楽しみにして下さるファンの方も増えてきました」と手応えを語るのは、「YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL」プロジェクトメンバーで広報部の池田紗里さんだ。

 実は、このイベントのために7か月前からプロジェクトチームが結成されるという。普段は違う部署で働く社員が集結。「毎年来ても楽しんでいただけるように、前年を超える今までで一番いいイベントにしよう」とアイディアを出しあい、イベントの詳細を決めていく。これまではメンバーは全員女性だったが、今年は初めて男性が参加。「男性側の意見を取り入れることもできて、新鮮で良かったですね」と池田さんは言う。

 このイベントで大きな話題になるのが、女性来場者限定で着用いただくスペシャルユニホームだ。ベイスターズの「青」を基調としながら、女性らしさを加えてかわいくアレンジ。今年のデザインは、イベントテーマでもある「Make me Happy~昨日を越えて楽しめ自分~」のイメージを折り込んだ。数あるデザイン候補の中から最終的に5パターンを選び、サンプルを作って意見交換。今年は爽やかな波模様のデザインとなった。

「トレンドも意識しながら、どの年代の方でも着られるようなデザインにしました。波の模様は港町・横浜を、波が薄い色から濃い色に変わっているのは、自分を日々アップデートしながら明日の輝く笑顔へ向かう女性をイメージしています。普段の暮らしの楽しみの1つ、自分自身をHappyにするものの1つに野球観戦を加えてもらえたら、という想いもこめています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」