元岩手の“二刀流” 鷹・松本裕、第1打席で快音響かせ二塁打 高校時代は通算54本塁打

ソフトバンク・松本裕樹【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・松本裕樹【写真:藤浦一都】

ヤクルト先発の原の真っ直ぐを弾き返す

■ヤクルト – ソフトバンク(交流戦・18日・神宮)

 ソフトバンクの松本裕樹投手が、高校通算54本塁打の打力を発揮した。18日、敵地・神宮球場で行われたヤクルト戦。3回での第1打席で左翼線への二塁打を放ち、快音を響かせた。

 盛岡大付高では“二刀流”としてならした松本裕。今季2試合目の先発マウンドに上がると、バットで魅せた。1ボール2ストライクからの4球目。ヤクルト先発の原が投じた高めの真っ直ぐを弾き返すと、打球は左翼線への二塁打となった。

 松本裕は高校通算54本塁打を誇るスラッガーでもあり、ドラフト時には打者としての指名を検討する球団があったほど。今季初先発だった広島戦は1打席無安打に終わっていたが、今季2打席目で快音。これがプロ2本目の安打となった。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY