鷹・甲斐と巨人炭谷、笑顔の2ショット公開 「数年前に頂いたミット持参」で…

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

ソフトバンクの球団公式ツイッターで公開、キャッチャーミットを通じて“つながり”のある2人

 ソフトバンクの球団公式ツイッターが21日に公開した1枚の写真が話題となっている。交流戦に入ってから、球団公式インスタグラムではソフトバンクの選手と縁のある対戦相手の選手との2ショットを公開してきたが、今回は甲斐拓也捕手と巨人・炭谷銀仁朗捕手が笑顔でフレームに収まった1枚。キャッチャーミットを通じて“つながり”のある2人だ。

 公式ツイッターでは「読売ジャイアンツ炭谷銀仁朗選手と! 数年前に頂いたミットを持参して」と投稿。甲斐と炭谷がカメラ目線で笑みを浮かべている。甲斐の左手には、使い込まれたキャッチャーミットが。西武時代の炭谷から譲り受けたものだ。

 甲斐が使用するキャッチャーミットは、最大の武器であるスローイングを生かすためポケット部分が浅い構造になっているが、これは3年前、面識のなかった炭谷にいきなり話しかけ、譲り受けたもの。キャッチングには高い技術が必要だが、ボールが握りやすく、スローイングにスムーズに移行することができるのだ。甲斐は、難しいキャッチングのために繰り返し基礎練習を行い、精度の向上に努めてきた。

 他球団に恐れられる「甲斐キャノン」を支えるミット。そのミットを快く甲斐にプレゼントした炭谷との特別な2ショットに、球団公式インスタグラムでは公開から1時間で5000件以上の「いいね!」がついている。

【写真】「数年前に頂いたミット持参」で…ホークス甲斐と巨人炭谷、球団公式ツイッターで公開された笑顔の2ショット写真

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY