野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日与田監督、審判団に猛抗議 松井雅の本塁タッチアウト巡り「コリジョンプレーではないか」

中日の与田剛監督が、審判団に対して猛抗議した。22日、本拠地ナゴヤドームでの日本ハム戦。4回1死三塁で平田の三ゴロで、三塁走者の松井雅が本塁タッチアウトになった場面に対し、猛抗議を行なった。

中日・与田剛監督【写真:荒川祐史】
中日・与田剛監督【写真:荒川祐史】

リクエストによるリプレー検証の後に抗議を行う

■中日 – 日本ハム(交流戦・22日・ナゴヤドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 中日の与田剛監督が、審判団に対して猛抗議した。22日、本拠地ナゴヤドームでの日本ハム戦。4回1死三塁で平田の三ゴロで、三塁走者の松井雅が本塁タッチアウトになった場面に対し、猛抗議を行なった。

 この回先頭の松井雅は右中間を破る二塁打で出塁。吉見が犠打で走者を進め、1死三塁となった。平田の打球は三遊間へのゴロに。捕った近藤が本塁へ送り、清水が松井雅にタッチ。判定はアウトとなった。

 ここで与田監督はリクエストによるリプレー検証を要求。審判団のリプレー検証の末、判定通りアウトとなった。これに対して与田監督はベンチを出て猛抗議。捕手の清水がタッチに行った際に、走者の走路に入ったコリジョンプレーだったのではと、審判に詰め寄った。

 ただ、判定は覆らず。指揮官の抗議のあと、審判団は場内に「与田監督からコリジョンプレーではないかと、ありましたが、コリジョンプレーじゃないということで2死一塁で試合を再開します」と説明された。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」