田中将大は6回2失点、同点被弾後に勝ち越しも…救援投手が逆転被弾で6勝目消滅

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

本拠地アストロズ戦で6回8安打2失点で2戦連続QS達成

■ヤンキース – アストロズ(日本時間23日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手は22日(日本時間23日)、本拠地のアストロズ戦で先発した。6回8安打2失点で6勝目の権利を持って降板したが、7回に救援投手が逆転3ランを被弾。6勝目はお預けとなった。

 毎回のように走者を背負う投球となった。2回は2死からホワイトへの四球、スタッシの左前打で一、二塁としたものの、マリスニックを三ゴロ。連打で招いた3回1死一、二塁ではアルバレス、グリエルを打ち取った。4回は一塁手ボイトの好守もあって初めて3者凡退に。5回は1死からアルトゥーベの左翼線二塁打を許したが、ブレグマンを三飛、ブラントリーを右飛に抑えた。

 打線は5回にウルシェラの右越え6号2ランで先制した。田中は2点リードを守りたいところだったが、6回1死一塁からレディックに右越えへ同点2ランを被弾。この回で連続イニング無失点は「14」でストップした。

 打線は6回に奮起した。無死満塁からスタントンの三塁強襲の2点打で勝ち越した。田中は6回88球、1奪三振1四球、8安打2失点で降板。2試合連続、今季9度目のクオリティースタート(QS)を達成した。しかし、7回から救援した2番手のホルダーが2死からピンチを招き、新人アルバレスに逆転3ランを被弾。田中の自身3連勝となる6勝目はお預けとなった。

 アストロズ戦は17年のア・リーグ優勝決定シリーズでは勝利したが、レギュラーシーズンは6試合で0勝2敗、防御率7.36と苦戦を強いられていた。6回8安打2失点の好投は報われなかった。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY