野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA上茶谷、6回零封の好投&決勝2点打で自身4連勝 楽天は交流戦優勝が消滅

DeNAは23日、本拠地・楽天戦に3-0で勝利した。先発のドラ1上茶谷が6回6安打無失点の好投で4勝目(3敗)。自ら先制の2点タイムリーを放つなど投打で活躍した。楽天は完封負けで交流戦優勝が消滅した。

DeNA・上茶谷大河【写真:荒川祐史】
DeNA・上茶谷大河【写真:荒川祐史】

上茶谷は岸から先制2点打、楽天打線は6安打無得点と沈黙

■DeNA 3-0 楽天(交流戦・23日・横浜)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 DeNAは23日、本拠地・楽天戦に3-0で勝利した。先発のドラ1上茶谷が6回6安打無失点の好投で4勝目(3敗)。自ら先制の2点タイムリーを放つなど投打で活躍した。楽天は完封負けで交流戦優勝が消滅した。

 上茶谷は3回まで毎回走者を出しながらも無失点。4回も1死からウィーラーに死球を与えたが、後続を断った。すると、その裏に2死満塁の絶好機で楽天先発・岸から2点タイムリー。自らのバットで先制点をもぎ取った。

 7回以降はエスコバー、パットン、山崎も無失点リレー。打線は7回にソトの22号ソロで追加点を奪い、快勝した。上茶谷は4連勝となった。

 楽天は先発・岸が6回2失点の力投も、打線が6安打で1点も奪えず。交流戦優勝の可能性も消滅した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」