田中将大の“鉄壁”連係プレーを米メディア称賛 「基本を完璧にこなします」

ヤンキースのルーク・ボイト【写真:Getty Images】
ヤンキースのルーク・ボイト【写真:Getty Images】

6回2失点の好投も後を受けた中継ぎ陣が打たれ6勝目を逃した田中

■ヤンキース 7-5 アストロズ(日本時間23日・ニューヨーク)

 ヤンキースの田中将大投手は22日(日本時間23日)、本拠地アストロズ戦に先発し6回8安打2失点の力投を見せた。救援陣が打たれ6勝目を逃したがチームは再逆転し7-5で勝利。米メディアは日本人右腕が見せた華麗なフィールディングを絶賛した。

 両チーム無得点で迎えた4回。先頭のレディックは田中が投じた83マイル(約134キロ)のスライダーを強振。一塁線への強烈な打球となったが一塁手・ボイトが横っ飛びでグラブに当て止めると、すぐさまベースカバーに入った田中へトスしアウトを完成させた。

 この試合を中継した「FOXスポーツ MLB」で解説を務めたオールスター出場2度のAJ・ピアジンスキー氏は「なんというプレーでしょう。横っ飛びで打球をつかみ、そこからバックハンドトスです」とボイトの美技を称賛。そして「タナカが基本を完璧にこなします。ベースを見つけ、走者との接触を避けます。素晴らしいプレーです」と、ベースカバーに入った田中にも賛辞を送っていた。

 田中はフィールディング面での評価も高く、昨季はゴールドグラブ賞の最終候補に入ったほど。牽制、フィールディングも自らを助ける武器の一つ。田中の堅実な守備力はメジャーでも高く評価されている。

【動画】一塁線への強烈な打球を横っ飛び→トス ヤ軍一塁手と田中が魅せた華麗なフィールディングの一部始終

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY