野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

交流戦の活躍はシーズン成績に直結する? パ・リーグの“チーム首位打者”のその後

6月25日、2019年の「日本生命セ・パ交流戦 2019」の全日程が終了した。交流戦期間中の首位打者となったのはオリックスの中川圭太選手だが、12球団それぞれにおける「チーム内首位打者」もまた存在する。普段とは異なる投手との対戦が続くということもあって、18試合という短い期間ながら、選手ごとの好不調の差がレギュラーシーズン以上にはっきりと分かれやすいのも特徴の1つといえるだろう。

オリックス・中川圭太【画像:(C)PLM】
オリックス・中川圭太【画像:(C)PLM】

オリックスのドラ7ルーキー中川は交流戦首位打者に

 6月25日、2019年の「日本生命セ・パ交流戦 2019」の全日程が終了した。交流戦期間中の首位打者となったのはオリックスの中川圭太だが、12球団それぞれにおける「チーム内首位打者」もまた存在する。普段とは異なる投手との対戦が続くということもあって、18試合という短い期間ながら、選手ごとの好不調の差がレギュラーシーズン以上にはっきりと分かれやすいのも特徴の1つといえるだろう。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! オリックス戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 そこで、今回はパ・リーグ6球団における、今季と昨季の交流戦チーム内首位打者と、その成績を確認。昨季のこの時期にチームで最も高いアベレージを残した選手のその後の成績を踏まえた上で、今季飛躍を果たしそうな選手たちの今後について展望していきたい。

 交流戦における規定打席も、レギュラーシーズンと同じく「チーム試合数×3.1」という計算式で求められる。わずか18試合と期間が短いため、毎日3~4打席に立つことができるのは交流戦期間中に主力として活躍した選手に限られてくる。

 以下に記す選手たちも、各球団で主力としてプレーしている選手、あるいは交流戦での活躍によってチーム内での立ち位置を確立した選手と、多くの出場機会が与えられるのも納得の面々となっている。

 パ・リーグの各球団における、交流戦期間中のチーム内首位打者は以下の通り。

日本ハム:西川遥輝
交流戦:18試合 0本塁打 8打点 打率.329 出塁率.395
シーズン:71試合 2本塁打 24打点 打率.302 出塁率.391

楽天:ジャバリ・ブラッシュ
交流戦:16試合 3本塁打 14打点 打率.346 出塁率.470
シーズン:64試合 19本塁打 57打点 打率.292 出塁率.421

西武:中村剛也
交流戦:18試合 5本塁打 23打点 打率.348 出塁率.400
シーズン:66試合 13本塁打 55打点 打率.265 出塁率.354

ロッテ:荻野貴司・鈴木大地
荻野
交流戦:18試合 2本塁打 10打点 打率.368 出塁率.435
シーズン:62試合 5本塁打 17打点 打率.335 出塁率.399

鈴木
交流戦:18試合 6本塁打 17打点 打率.368 出塁率.424
シーズン:67試合 12本塁打 44打点 打率.310 

オリックス:中川圭太
交流戦:18試合 0本塁打 12打点 打率.386 出塁率.419
シーズン:49試合 1本塁打 19打点 打率.321 出塁率.349

ソフトバンク:松田宣浩
交流戦:18試合 7本塁打 14打点 打率.348 出塁率.397
シーズン:72試合 17本塁打 44打点 打率.291 出塁率.327

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」