野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平が珍しく球審に“抗議” 米記者も驚き「見たことがないほど強気な態度」

大谷翔平が珍しく球審に“抗議” 米記者も驚き「見たことがないほど強気な態度」

エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地でのアスレチックス戦に「3番・DH」で3試合連続スタメン出場し、2年連続2桁本塁打の10号2ランを放った。3回の第2打席で内角低めの難しいボールを逆方向に弾き返し、左中間スタンドへと放り込んだ。

珍しく球審に対して“抗議”したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
珍しく球審に対して“抗議”したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

6回2死二、三塁で内角高めのボールをストライクと判定される

■エンゼルス 8-3 アスレチックス(日本時間28日・アナハイム)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地でのアスレチックス戦に「3番・DH」で3試合連続スタメン出場し、2年連続2桁本塁打の10号2ランを放った。3回の第2打席で内角低めの難しいボールを逆方向に弾き返し、左中間スタンドへと放り込んだ。

 衝撃の一撃で本拠地のファンを熱狂させた大谷だったが、普段はあまり見られないような珍しい姿を見せる場面があった。6回2死一、三塁での第4打席だった。フルカウントからの6球目、元西武シュリッターが投じた内角高めへのボール。自信を持ってボールと見逃した大谷だったが、球審はストライクの判定を下した。

 この判定に対して、大谷は珍しく球審に対して指を振りながら“抗議”。判定が覆ることはなく、苦笑いを浮かべてベンチへと下がった。初回の第1打席でも内角低めの際どいボールをストライクと判定され見逃し三振に倒れていた大谷。この時も首を振りながら、判定への“不満”を見せていた。

 この大谷の姿に米メディアも注目した。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」でエンゼルス担当を務めるファビアン・アルダヤ記者は自身のツイッターで「3ストライクがコールされた後、ショウヘイ・オオタニが(その判定に対し)『NO』という意思を表し球審のフィル・カッチに指を振った。ストライク判定に納得がいかなかった彼の姿は、私が見たことがないほど強気な態度だった」と、珍しい姿に驚いた様子だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」