野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平は「最もエキサイティングなDH」米メディアは二刀流復活にも期待

大谷翔平は「最もエキサイティングなDH」米メディアは二刀流復活にも期待

26日(日本時間27日)に昨年の右肘靭帯再建手術以降、初めてブルペンで投球練習を再開させたエンゼルスの大谷翔平投手。来季の二刀流復活への期待が高まる中、米メディアは豪快なバッティングから「球界で最もエキサイティングなDH」と大絶賛している。

2年連続2桁本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平(左)【写真:Getty Images】
2年連続2桁本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平(左)【写真:Getty Images】

ブルペンで投球練習を再開させた大谷、二刀流復活へ期待も…

 26日(日本時間27日)に昨年の右肘靭帯再建手術以降、初めてブルペンで投球練習を再開させたエンゼルスの大谷翔平投手。来季の二刀流復活への期待が高まる中、米メディアは豪快なバッティングから「球界で最もエキサイティングなDH」と大絶賛している。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 今季投手として出場できない大谷だが、“一刀流”でも称賛を集めている。「ショウヘイ・オオタニが復活。球界で最もエキサイティングなDH」と特集したのは米メディア「ザ・リンガー」だった。

 メジャーではここ10年間で1300試合に一度の割合で達成されているというサイクルヒットだが、特集では6月13日(同14日)の敵地レイズ戦で日本人史上初となるサイクル安打を達成した大谷の偉業に注目している。

「最近達成されたサイクルはスタッツ好きの人々の間にも途轍もない興奮を生みだした。なぜなら、サイクル達成者はショウヘイ・オオタニだったからだ」と指摘している。

「オオタニは、2019年に登板できないというトミー・ジョン手術から回復する間、今季最初の5週間を欠場した後に復帰した。今季に関しては二刀流ではないが、ただただメジャーで最もエキサイティングなDHなのだ。そして、彼はなんという打者であろうか。非常に洗練され、パワフルで、ワクワクさせてくれている。そのため、途切れることのない打席での成功によって、彼の二刀流の将来に対する疑問すら浮上するのかもしれない」

 特集では打者・大谷をひたすら絶賛。ア・リーグ各球団がパワーヒッターを揃えるDHというポジションでも、「最もエキサイティング」と断定している。今季序盤の22試合では打率.225、長打はわずか3本と苦しんだが、V字回復に成功。今や打率.290、10本塁打33打点。6月の月間打率.333、7本塁打20打点と好調を維持している。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」