日ハム宇佐見、移籍後初スタメンに反省も栗山監督評価 「引っ張ってくれた」

日本ハム・鶴岡慎也兼任コーチ(左)と宇佐見真吾【写真:石川加奈子】
日本ハム・鶴岡慎也兼任コーチ(左)と宇佐見真吾【写真:石川加奈子】

「8番・捕手」でスタメン出場も5回まで4失点に「点を取った後に取られてしまった」

■ソフトバンク 5-4 日本ハム(29日・札幌ドーム)

 巨人から日本ハムにトレード移籍した宇佐見真吾捕手が29日、本拠地ソフトバンク戦に「8番・捕手」で先発出場した。入団会見後に即出場選手登録されて途中出場した前日28日に続き、この日も實松一成捕手のユニホームと防具を着用。守備では5回まで4投手をリードし3失点、打撃では2打数無安打だった。

 慣れない環境で栗山英樹監督の抜てきに応えた。先発の杉浦稔大投手と初めてバッテリーを組み、4回までは明石のソロ本塁打による1点に抑える。味方が逆転した直後の5回に杉浦が無死から2連打されて降板すると、井口和朋投手、堀瑞輝投手、玉井大翔投手と小刻みな継投に対応。この回2失点で逆転を許さず、同点にとどめた。

「ある程度は抑えられましたが、点を取った後に取られてしまったことが反省点です」

 試合後真っ先に反省を口にした宇佐見だが、栗山英樹監督の見方は違った。「いろんな特徴を捉える時間はないかもしれないけれど、一生懸命自分の持っているものを出してもらえばいい。それによってまた新しいものが必ず生まれるはずだと思っているので。前半よくピッチャーを引っ張ってくれた」と指揮官は評価した。

 自他ともに認める攻撃型捕手だけに、宇佐見自身はバットでの結果も追い求めている。この日はソフトバンクの先発左腕・大竹に三振と遊ゴロに倒れた。「期待してもらい、結果が求められる中で、守備で抑えるだけではなく、打撃でも結果を残したいです。食らいついて、必死に1本出せれば」と力を込めた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY