野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武、源田のタイムリーで鮮やか勝ち越し 「思いっきりいこうと打席に」

西武が30日のオリックス戦(メットライフ)で4回に源田のタイムリーで勝ち越しに成功した。

タイムリーを放った西武・源田壮亮【画像:(C)PLM】
タイムリーを放った西武・源田壮亮【画像:(C)PLM】

同点の4回1死一、二塁から源田の右翼線へ適時二塁打で勝ち越し

■西武 – オリックス(30日・メットライフ)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 西武が30日のオリックス戦(メットライフ)で4回に源田のタイムリーで勝ち越しに成功した。

 2-2の同点で迎えた4回、オリックス先発・K-鈴木からこの回先頭の愛斗がストレートの四球を選び出塁すると、1死から秋山も四球を選びチャンス拡大。代わった2番手の山崎福から源田が右翼線へ適時二塁打を放ち、二塁走者・愛斗が生還してこれが勝ち越し点となった。さらに1死二、三塁から外崎がライトへの犠牲フライでさらに追加点を挙げた。

 勝ち越し打の源田は「打ったのはカットボールです。チャンスでまわしてもらったので、『思いっきりいこう!』と打席に入りました」とコメント。前日の試合でも4安打を放っている絶好調男が、チームに貴重な勝ち越し点をもたらした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」