野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム栗山監督、2連勝にも慢心なし 「今日の勝ちは忘れて明日しっかり」

日本ハムは3日、本拠地での西武戦に5-3で競り勝ち、2連勝を飾った。

日本ハム・栗山監督【写真:石川加奈子】
日本ハム・栗山監督【写真:石川加奈子】

大田抹消でケガ人が相次ぐが「いろんなことがあっても勝ちにいくしかないので」

■日本ハム 5-3 西武(3日・札幌ドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムは3日、本拠地での西武戦に5-3で競り勝ち、2連勝を飾った。

 1-2と逆転された直後の4回に打線が繋がった。渡邉、宇佐見の連打と相手失策で得た無死満塁の好機に石井一が中前へ同点打。さらに、西川が右翼フェンス直撃の2点適時二塁打で勝ち越した。

 守っては今季初先発の村田が4回に2点を失った後、なおも無死2塁のピンチでマウンドに上がった玉井が後続を絶って流れを変えた。6回からは堀、宮西、ロドリゲスと無失点リレーでつなぎ、最後は石川直が9回を打者3人で締めて3セーブ目を挙げた。

 この日、大田が腰の張りと疲労のために登録抹消されるなど、けが人が相次ぐ中での2連勝となった。栗山監督はピンチを絶った玉井について「よく粘った」と評価。「オールスターまでにいくつ取れるのかがすごく重要。いろんなことがあっても勝ちにいくしかないので。そういう意味では今日の勝ちは忘れて、明日しっかりやります」と手綱を引き締めていた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」