野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム古巣復帰の吉川、4日西武戦に先発 本拠地登板は「雰囲気的には慣れている」

巨人からトレード移籍した日本ハムの吉川光夫投手が4日、本拠地での西武戦に移籍後初先発する。6月28日に入団会見を行ってから1週間足らずでマウンドに上がる左腕は「(緊張感とワクワク感は)半々くらい。やることは一緒。できることを最大限やれたら」と気合十分に語った。

日本ハム・吉川光夫【写真:石川加奈子】
日本ハム・吉川光夫【写真:石川加奈子】

移籍後初先発に向け「やることは一緒。できることを最大限やれたら」

■日本ハム – 西武(4日・札幌ドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 巨人からトレード移籍した日本ハムの吉川光夫投手が4日、本拠地での西武戦に移籍後初先発する。6月28日に入団会見を行ってから1週間足らずでマウンドに上がる左腕は「(緊張感とワクワク感は)半々くらい。やることは一緒。できることを最大限やれたら」と気合十分に語った。

 日本ハムに在籍していた12年には14勝5敗、防御率1.71と抜群の成績でチームをリーグ優勝に導き、MVPにも輝いた。思い出の詰まった札幌ドームでの登板に「雰囲気的には慣れている」とうなずいた。

 今季巨人ではリリーフとして起用されていた。1軍では9試合6回3分の1を投げて防御率9.95の成績だったが、イースタン・リーグでは14試合に登板して23回3分の2を投げ、防御率1.52の成績。直近では6月22日のイースタン・リーグ日本ハム戦(土浦)に2番手で登板して3回4安打2失点(自責0)で3勝目を挙げている。

 リリーフ経験を踏まえて「先発は決まった時間にマウンドに上がるので、余裕がある」と自覚を持って準備をしてきた。「まずは自分のボールをどれだけ投げられるか」と力を込めた吉川。一足先にお立ち台に上がった宇佐見真吾捕手に続き、再出発のマウンドを白星で飾りたい。

 送り出す栗山英樹監督は「こっちもいろんな思いがあるし、あいつ自身もいろんな苦労をしながらというところがある。我々はグラウンドで結果を出すしかない。どういう姿を見せるのかすごく楽しみにしている」と期待の言葉を口にした。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」