野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリ田嶋5回2失点で2勝目&福田V打でカード勝ち越し ロッテドラ3小島2敗目

オリックスは4日、本拠地・京セラドームでのロッテ戦を4-2で勝利しカード勝ち越しを決めた。同点の5回に福田のタイムリー三塁打などで2点を奪い勝ち越し。先発の田嶋は5回3安打2失点(自責0)で2勝目を挙げた。

この日2本目となるタイムリーを放ったオリックス・吉田正尚【画像:(C)PLM】
この日2本目となるタイムリーを放ったオリックス・吉田正尚【画像:(C)PLM】

同点の5回に福田のタイムリー三塁打、吉田正の中前適時打で勝ち越し

■オリックス 4-2 ロッテ(4日・京セラドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オリックスは4日、本拠地・京セラドームでのロッテ戦を4-2で勝利しカード勝ち越しを決めた。同点の5回に福田のタイムリー三塁打などで2点を奪い勝ち越し。先発の田嶋は5回3安打2失点(自責0)で2勝目を挙げた。

 同点に追い付かれた5回。オリックスは先頭・若月の中前打と犠打で1死二塁のチャンスを作ると福田が右中間へタイムリー三塁打を放ち勝ち越しに成功。さらに2死三塁から吉田正の中前適時打でこの回2点を奪った。

 先発の田嶋は5四球と苦しみながらも5回3安打2失点(自責0)の力投で2勝目を挙げた。ロッテはドラフト3位ルーキー・小島が6回6安打4失点で2敗目を喫した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」