野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武、外崎&中村の走者一掃適時打で連敗ストップ! 古巣復帰ハム吉川3回途中KO

西武は4日、敵地・札幌ドームでの日本ハム戦を8-2で勝利し連敗を2でストップ。先発のニールは6回無失点の快投で3勝目をマークした。

走者一掃のタイムリーを放った西武・外崎修汰【画像:(C)PLM】
走者一掃のタイムリーを放った西武・外崎修汰【画像:(C)PLM】

3回に外崎、7回に中村の走者一掃のタイムリーが飛び出し快勝

■西武 8-2 日本ハム(4日・札幌ドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武は4日、敵地・札幌ドームでの日本ハム戦を8-2で勝利し連敗を2でストップ。先発のニールは6回無失点の快投で3勝目をマークした。

 西武は3回。1死満塁の好機を作ると外崎が右中間を破る走者一掃のタイムリー三塁打で3点を先制。7回には再び1死満塁の好機から中村が走者一掃の適時二塁打、森、金子侑の連続タイムリーでこの回5点を奪い試合を決めた。投げては先発のニールが6回2安打無失点の好投で3勝目をマーク。

 日本ハムは巨人からトレード移籍し古巣復帰となった吉川が移籍後初登板初先発も2回1/3、3安打3四球3失点で1敗目。チームの連勝は2で止まった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」