野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

DeNA4カード連続勝ち越し、大貫4勝目 阪神2カード連続負け越しで再びBクラス

DeNAは4日、本拠地・横浜スタジアムでの阪神戦を7-2で勝利し4カード連続勝ち越し。借金「0」、単独3位に再浮上した。

DeNA・ラミレス監督【写真:荒川祐史】
DeNA・ラミレス監督【写真:荒川祐史】

3回に筒香のタイムリーで勝ち越し、5回はソトがリーグトップの25号ソロ

■DeNA 7-2 阪神(4日・横浜)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 DeNAは4日、本拠地・横浜スタジアムでの阪神戦を7-2で勝利し4カード連続勝ち越し。借金「0」、単独3位に再浮上した。

 DeNAは初回に先取点を許したがその裏。2死一、二塁からロペスの右前タイムリー、宮崎の中前適時打で逆転に成功。3回に同点に追い付かれたがその裏に1死二塁から筒香のタイムリーで勝ち越しに成功した。

5回にはソトのリーグトップとなる25号ソロ、6回には戸柱の1号ソロ、8回には代打・中井の2号2ランが飛び出しリードを広げた。

 投げては先発の大貫が5回6安打2失点(自責1)の力投で4勝目をマークした。阪神は先発のメッセンジャーが5回7安打4失点で6敗目。チームは2カード連続負け越しで4位に転落した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」