野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷、“素手キャッチ好守”に阻まれ遊ゴロ 4打席連続安打で止まるも…今季19度目マルチ

大谷、“素手キャッチ好守”に阻まれ遊ゴロ 4打席連続安打で止まるも…今季19度目マルチ

エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」で2試合連続スタメン出場。初回に相手先発のメジャー通算92勝右腕リンから左前打、3回にはバットを折りながら中前打を放ったが、第3打席は遊ゴロに倒れた。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

前日からの連続安打は4打席で止まるも…メジャー通算92勝右腕リンから左前打&中前打

■レンジャーズ – エンゼルス(日本時間5日・アーリントン)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、敵地レンジャーズ戦に「3番・DH」で2試合連続スタメン出場。初回に相手先発のメジャー通算92勝右腕リンから左前打、3回にはバットを折りながら中前打を放ったが、第3打席は遊ゴロに倒れた。

 エンゼルスは初回にトラウトの2試合連続弾で1点を先制。大谷は直後の1死走者なしでリンの外角ボール球のツーシームを打ち、“大谷シフト”で大きく空いた三塁線を抜く左前打。前日から4試合連続安打とした。さらに、1-1の同点で迎えた3回2死一塁の場面では、1ストライクから内角への95マイル(約153キロ)の直球を打ち、バットを折りながらもセンター前に運ぶヒット。前日から4打席連続安打で今季19度目のマルチ安打とした。

 先発キャニングが打ち込まれ、エンゼルスは2-6とリードされて5回の攻撃へ。トラウトは右飛に倒れ、大谷は1死走者なしで打席へ。カウント1-1からカットボールを打つと、打球は高いバンドで遊撃へ。すると、名手のアンドラスはなんと素手でボールをキャッチして、そのまま一塁に送球。驚異的なプレーで快足を誇る大谷をギリギリでアウトに仕留めた。

 大谷は7月5日が25歳の誕生日。米時間では、この日が24歳最後の日となっている。6月23日(同24日)以降の9試合(スタメン7試合)は28打数14安打の打率.500、3本塁打、4二塁打、5打点、6得点と絶好調で、3日(同4日)の同戦では2打席目まで凡退した後に2打席連続で二塁打。今季初の“マルチ二塁打”をマークしていた。

 6月は打率.340、OPS(出塁率+長打率)1.091、いずれも自己最多の月間9本塁打、32安打、22打点を記録。7月も前日まで5打数3安打で、この試合の前まで今季成績は49試合出場、打率.307、12本塁打、35打点、OPS.926となっている。

 エンゼルスは1日(同2日)にタイラー・スカッグス投手が遠征先のホテルで急死。しかし、チームは悲劇を乗り越えて、そこから2連勝を飾っている。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」