野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

首位ホークスを支えるドラ1甲斐野インタビュー 「本当に怖くてビビりながら…」

東洋大学スポーツ新聞編集部の学生記者として、筆者が初めて甲斐野央投手を取材をしたのは、甲斐野投手が大学3年次の2017年11月26日のこと。その日は甲斐野投手のほかにも取材予定の選手がいたのだが、こちらの手違いで2選手が東洋大学寮内のトレーニング室に来てしまう事態に。焦る筆者に「2人同時でもいいですよね?」という甲斐野投手の救いの一声で、申し訳ない気持ちを抱えつつ、同時取材を行うことになったほろ苦い思い出だ。

ソフトバンク・甲斐野央【写真:(C)PLM】
ソフトバンク・甲斐野央【写真:(C)PLM】

ここまで32試合に登板し1勝1敗4セーブ、14ホールド、防御率2.15

 東洋大学スポーツ新聞編集部の学生記者として、筆者が初めて甲斐野央投手を取材をしたのは、甲斐野投手が大学3年次の2017年11月26日のこと。その日は甲斐野投手のほかにも取材予定の選手がいたのだが、こちらの手違いで2選手が東洋大学寮内のトレーニング室に来てしまう事態に。焦る筆者に「2人同時でもいいですよね?」という甲斐野投手の救いの一声で、申し訳ない気持ちを抱えつつ、同時取材を行うことになったほろ苦い思い出だ。初めて取材した印象は“よく話す関西人”(笑)。そこから甲斐野投手の“番記者”になろうとは、そしてその約1年半後にドラフト1位でプロ野球界に飛び込むとは、その時は思いもしなかった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 甲斐野投手ら東洋大学の先輩たちの新たな挑戦に背中を押されるように(そして彼らの活躍を追いたくて!)、パ・リーグの公式メディアである「パ・リーグインサイト」で学生記者をするようになり、縁あって、神宮での凱旋登板前の甲斐野投手へのインタビューが叶った。

 取材場に着いて甲斐野投手と再会し、一番に感じたのは身体つきの変化だ。ソフトバンクの球団公式Twitterに上がっていた上茶谷投手との2ショットで大胸筋が大学時代よりたくましくなっていると思っていたが、たった半年で全体的に一回りも二回りも大きくなっていたことに驚いた。

――今季ここまでを振り返っていかがですか?(32試合に登板し1勝1敗4セーブ、14ホールド、防御率2.15)

「簡単に言うと本当にいろいろありました。最初は右も左もわからない状況で、ガンガンいけていました。途中で連続無失点が途絶えて、一回くじけて、その後また調子が上がってきて。ここまで本当にいい経験をさせていただいています。後半戦はもっと緊張する、しびれる場面で投げることもあると思うので、そこへの準備も考えていきたいですね。まずは1軍で生き残ることが第一優先。先輩からアドバイスをいただきながら、生き残るためにしっかり投げて抑えたいと思います」

――よくアドバイスをもらう先輩は?

「特定の選手というより、みなさんからです。スター軍団なので、投手だけでなく野手の方からもアドバイスをいただいています。野球以外のことでもです。何を聞いても僕にとって必要なことを教えていただいています。バッテリーを組む甲斐さんからは、普段はいじられたりと、かわいがっていただいています(笑)。でも、野球となると別です。僕は今までショートイニングばかりの登板ですが『とりあえず先頭切ろうな』とか。僕の性格をわかってくださっていて、試合前は考えすぎないようにメンタル的な部分をフォローするような言葉をかけていただいています。それで試合が終わったら『ここがこうだったね』みたいな技術的な反省の話をしてくれますね。まだ2、3か月ですけど、すごく僕のことをわかってくださっています」

――そのような先輩に囲まれて戦ってきましたが、これまで26試合で投げ、印象深い試合はどの試合ですか?

「今のところは開幕戦ですね。オープン戦でもいい成績を残していたので、試合の初めのほうから準備はしていましたし、投げる機会があれば期待に答えたいという一心でやってやろうと思っていました。相手も去年優勝した西武でしたし、本当にがむしゃらに、自分の力を出すだけだと思っていました。それがああいう結果につながったので。あの時のファンの方からの応援や、ベンチに帰ったときの先輩方からかけていただいた声がすごく印象に残っています」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」