野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武秋山、通算19本目の先頭打者弾「風と球場に助けられた」

西武の秋山翔吾外野手が6日、敵地ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦で初回に、通算19本目となる先頭打者本塁打を放った。

西武・秋山翔吾【写真:荒川祐史】
西武・秋山翔吾【写真:荒川祐史】

ロッテ涌井から右翼ホームランラグーンに放り込む13号ソロ

■ロッテ – 西武(6日・ZOZOマリン)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の秋山翔吾外野手が6日、敵地ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦で初回に、通算19本目となる先頭打者本塁打を放った。

「1番・中堅」でスタメン出場した秋山。ロッテの先発・涌井がフルカウントから投じたインコースの直球を右翼ホームランラグーンに放り込んだ。秋山の先頭打者本塁打は6月6日の広島戦(メットライフ)以来約1か月ぶりで、通算19本目。今季13号のソロ本塁打となった。

 チームを勢いづける一発に秋山は「打った瞬間はホームランになると思いませんでした。ただ、粘ってよかったと思う打席でした」と涌井にいきなり7球を投じさせた打席を振り返り、「風と球場に助けられました」と控えめに話した。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」