野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 西武が快勝 本田圭佑が8回途中無失点の好投で4勝目 楽天敗れると単独2位浮上

西武が快勝 本田圭佑が8回途中無失点の好投で4勝目 楽天敗れると単独2位浮上

西武が快勝で今季40勝に到達した。6日、敵地ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦。初回に秋山の先頭打者本塁打を放ち先制すると、先発の本田圭佑が8回途中7安打無失点の好投で逃げ切った。西武は、この日楽天が敗れると、単独2位に浮上する。

ロッテ戦に先発し4勝目を挙げた西武・本田圭佑【画像:(C)PLM】
ロッテ戦に先発し4勝目を挙げた西武・本田圭佑【画像:(C)PLM】

秋山は先頭打者弾含む2安打2打点と活躍

■西武 5-0 ロッテ(6日・ZOZOマリン)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 西武戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 西武が快勝で今季40勝に到達した。6日、敵地ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦。初回に秋山の先頭打者本塁打を放ち先制すると、先発の本田圭佑が8回途中7安打無失点の好投で逃げ切った。西武は、この日楽天が敗れると、単独2位に浮上する。

 初回秋山が通算19本目となる先頭打者本塁打を放って1点を先制。2回には森の二塁打、レアードの失策で1点を加え、4回には金子侑の適時打、秋山の適時二塁打などで3点を追加してリードを広げた。

 先発の本田は序盤から走者を背負いながらも、粘りの投球で要所を締めた。8回に連打で1死一、三塁のピンチを招き、自己最長タイの7回1/3で降板となったが、7安打無失点の好投で4勝目をマークした。

 ロッテは打線が西武先発の本田の前に沈黙。散発の7安打に終わり、最後までゼロ行進が続いた。先発の涌井は7回を投げて6安打5失点(自責点は3)で5敗目を喫した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」