野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

阪神、借金完済で単独2位浮上! 広島は57日ぶりの借金生活

阪神は6日、甲子園で行われた広島戦で8-5で打ち勝ち、借金完済。単独2位に浮上した。広島は1分けを挟んで今季ワースト7連敗。借金1となった。

広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】
広島・緒方孝市監督【写真:荒川祐史】

糸原が4回に決勝1号3ラン

■阪神 8-5 広島(6日・甲子園)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 阪神は6日、甲子園で行われた広島戦で8-5で打ち勝ち、借金完済。単独2位に浮上した。広島は1分けを挟んで今季ワースト7連敗。借金1となった。

 阪神は初回無死一、三塁から糸井の右中間2点二塁打、マルテの右中間適時二塁打で3点を先制。同点の4回には糸原の右越え1号3ランで勝ち越した。2番手の島本が2勝目。

 広島は先発のアドゥワが4回10安打6失点で4敗目。打線は菊池涼を276日ぶりにスタメンから外して奮起を促したものの、終始劣勢の試合展開で反撃できなかった。6月1日に最大14あった貯金は前日にゼロ。この日も敗れ、5月10日以来57日ぶりの借金生活となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」