野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリ痛恨の逆転負けで自力優勝消滅 西村監督「まだまだ終わったわけじゃない」

オリックスは痛恨の逆転負けで自力優勝が消滅した。6日、ほっと神戸で行われたソフトバンク戦を5-6で敗戦。守備の乱れから試合をひっくり返された西村監督は「勝ち越していただけにあそこのホームランが痛かった」と肩を落とした。

オリックス・西村徳文監督【写真:荒川祐史】
オリックス・西村徳文監督【写真:荒川祐史】

勝ち越した直後の8回に松田宣に痛恨の逆転2ランを浴び敗戦

■ソフトバンク 6-5 オリックス(6日・ほっと神戸)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 オリックスは痛恨の逆転負けで自力優勝が消滅した。6日、ほっと神戸で行われたソフトバンク戦を5-6で敗戦。守備の乱れから試合をひっくり返された西村監督は「勝ち越していただけにあそこのホームランが痛かった」と肩を落とした。

 5回に佐野のプロ初ホームランとなる同点3ラン、7回にはマレーロの勝ち越し打が飛び出すなど最高のムードも一つのエラーで流れは変わった。

 8回にエップラーが4番手として登板。先頭の内川を平凡な三ゴロに打ち取ったかに見えたが照明が目に入り安達が失策し一気に二塁進塁を許す。デスパイネ、グラシアルを凡打に仕留め2死三塁としたが松田宣に痛恨の逆転2ランを浴び試合をひっくり返された。

 試合後、西村監督は「勝ち越していただけに。あそこのホームランが痛かった。何とか2死まで持っていったけど、初球の入りですよね」と、松田宣に初球を捉えられ浴びた逆転弾を悔やんだ。

 まさかの逆転負けで自力優勝が消滅したが指揮官は「まだまだ、終わったわけじゃない。明日から頑張ります」とファイティングポーズを崩さなかった。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」