野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日打線が大爆発! 初回大量6得点、堂上がキャリアハイの7号3ラン

4連敗中の中日は、初回から打線が大爆発した。7日、本拠地ナゴヤドームでのヤクルト戦。先発の柳が山田哲に先頭打者本塁打を浴びて先制を許したが、その裏に打線が爆発。堂上が7号3ランを放つなど、打者一巡の猛攻で大量6点を奪って試合をひっくり返した。

中日・堂上直倫【写真:荒川祐史】
中日・堂上直倫【写真:荒川祐史】

先発の柳も自ら左中間を破る適時二塁打を放つ

■中日 – ヤクルト(7日・ナゴヤドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 4連敗中の中日は、初回から打線が大爆発した。7日、本拠地ナゴヤドームでのヤクルト戦。先発の柳が山田哲に先頭打者本塁打を浴びて先制を許したが、その裏に打線が爆発。堂上が7号3ランを放つなど、打者一巡の猛攻で大量6点を奪って試合をひっくり返した。

 1点を先制された直後に中日打線が火を噴いた。先頭の平田が内野安打で出塁すると、アルモンテが左前安打で続く。主砲ビシエドが2点適時二塁打を放って、あっさりと逆転に成功すると、高橋が左前安打で続く。ここでこの日先発に起用された堂上がバックスクリーン左へ飛び込む7号3ランを放った。

 怒涛の5連打と打線が繋がると、先発の柳も左中間を破る適時二塁打を放って、この回大量6得点。初回だけで打者10人で7安打を集中して、一気に5点のリードを奪った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」